3月より土曜午前中の診療開始 詳しくは「診療時間」をご確認ください

肩痛

    肩痛に強い治療院で、痛みから解放させる自信があります
    木更津市で経験豊富な治療家があなたの健康をサポートします

    こんな症状でお悩みでありませんか?

    • 肩の動きが制限され、普段の生活に支障をきたす
    • 寝返りを打つのが苦痛で、夜中に何度も目が覚める
    • 肩の痛みからくる頭痛や首の痛みが日常的につらい
    • スポーツや趣味が制約され、楽しむことが難しい
    • 未来への不安を感じ、自分の健康に対する不信感が生まれる
    • 五十肩の原因や治療方法についての情報に混乱する
    • 五十肩が回復することへの願いと不安が入り混じる
    • 痛みが鋭くて耐えられないとき、無力感を覚える

    肩の痛みは痛みの部位によって痛めている筋肉が異なります さらに肩は身体の中でも自由度の高い関節になり、治ってもまた痛めてしまうことも多々あります
    肩の痛み肩甲骨の不調から生じていることや、首の不調から生じている可能性もあります

    これは神経的に重要なつながりを持っている箇所だからです。肩だけを治療しても治らない場合は、神経の繋がりから他の部位にアプローチが必要となるんです

    多角的アプローチ
    肩の痛みが生じている

    根本原因を
    様々な視点から考え

    徒手、鍼灸、運動で治療を行います

    諦めずにご相談ください。痛みが改善する治療内容を提供します!!

    なぜ他で良くならなかった肩痛が当院で改善するのか?

    理由①徹底的な問診で、肩の痛みの根本原因を見つけ出す

    肩自体に原因があるのか、それ以外に原因があるのか、肩にかかる負担が「骨格的 日常生活の様子 筋肉的」などの要素から徹底的に分析し、様々な背景から生じる肩の痛みの原因を追求します

    理由②固まった肩の動きをリリースを用いて改善

    慢性的に痛みが生じている肩周りは組織同士が癒着によって、動きが悪く、血流も不良になり、筋肉も痩せてきてしまいます
    さらに肩の筋肉は骨の間を通って、腕へついてきます。このため、動きに伴って、自身の筋肉が骨に挟まってしまい、損傷することが多くあります。血行不良はこの損傷を助長してしまう原因になるため、筋膜リリースを利用した可動域の改善が必須になります
    筋肉が痩せてしまうと、いざ力を入れなくちゃいけないタイミングでしっかりと働かずに、不安定な肩関節になってしまいます
    運動療法を取り入れることで、肩周りの筋肉を強くして、動きやすい肩を作っていきます

    理由③痛みに対して過敏となった神経を元の状態に戻していく

    痛みが長く続いていると、痛みを感じる神経が過敏になってしまいます 
    これは「痛みの閾値(いきち)の低下」と言います 普通なら耐えられるような刺激でもこの「閾値」が低下してしまうことによって、体は痛みを感じやすくなってしまいます
    これはある意味神経の強さの問題でもあるので、マッサージだけ、ストレッチだけ、整体だけでは残念ながら治りません
    オランダ徒手療法ではこの「神経の閾値」に対して積極的にアプローチをして、体を刺激に耐えられる体を目指していきます

    何回通えば、肩の痛みはよくなるか?

    正直な話をします 必ず治る!!という断言はできません
    通院回数や期間は、症状の程度や年齢などによって変わります。体を作っている組織はそれぞれ治癒するまでの期間が決まっていますし、再生できない体の組織や症状がひどいものは必ず治るという断言はできません
    しかし、治らないけれども少しでも改善させる方法はないか、悪化させないで症状を軽減できる方法はないかなど、医学的な背景を基に真摯にあなたの症状に向き合って治療をさせていただきます
    またこれまでの臨床経験である程度の目安はお伝えすることができます

    治癒に関しては個別の問題があったり、確実に治るまでの期間を明示したものではなく、あくまでも治療効果が出る参考の目安になります  

    軽症

    中症

    重症

    • 一時的な肩こりや筋肉の緊張が主な症状
    • 痛みは軽度で、日常生活に大きな制限はない
    • 通常、安静や軽いストレッチで症状が改善する
    • 2週間から1ヶ月の治療

      早期のストレッチ、生活習慣の見直しで改善することが多いです
    • 継続的な肩の痛みやこりがあり、日常生活に一定の影響を与える
    • 痛みは中程度で、動作や姿勢に制限を感じることがある
    • 痛みの原因となる要因があり、治療やリハビリが必要
    • 2〜5ヶ月の治療

      痛みの原因を特定し、理学療法や適切な治療を受けることで回復が期待されやすい
    • 激しい肩の痛みや機能の制限があり、日常生活に大きな影響を与える
    • 痛みは非常に強烈で、夜間痛や休息時にも持続することがある
    • 骨や軟組織の異常、神経圧迫などが原因であり、専門的な治療が必要
    • 6ヶ月以上〜

      治癒期間は個別の症状や原因によって異なるため、専門家の指導に従い、適切な治療とリハビリを受けることが大切です

    当院は治療とともに、その後の再発予防、機能維持ができる運動施設も併設しています

    肩痛は長引く疾患です 数年苦しんでいる症状を1年かけてでもしっかり治しませんか?
    予約はこちらからhttps://ssv.onemorehand.jp/stepkisarazu-chiryou/